梁山泊漢方薬局

MENU

梁山泊漢方薬局のご紹介

現代医学には、様々な弱点があります。
現代医学の弱点を補うのが、中国医学の鍼灸や漢方薬なのです。
鍼灸とは、体に鍼や灸を用いて刺激を与え、健康へと導く医療技術です。
中国医学系の伝統医学で用いられる治療法で、日本では江戸時代に発達しています。
漢方薬は、医薬品であり、漢方医学の理論に基づき処方されます。
漢方薬は、患者ひとりひとりの体質を見て調合されます。
梁山泊漢方薬局では、漢方薬は、薬剤師である院長が処方します。
岐阜県にある中国医学研究所の梁山泊漢方薬局は、中国医学を実践する場として1975年に設立されています。
様々な漢方薬を扱い、ハリ治療も行っています。
1979年には、岐阜県生活保護指定鍼灸院となり、昼間働いている人のために、夜間診療を開始します。
1999年に、保険を使うことができる在宅リハビリ部を増設し、2002年には通院治療で保険診療を開始します。
在宅療養者のために施術をし、寝たきりゼロを目指しています。
在宅療養者施術を希望する人は、医師から診断書をもらう必要があります。
診断書と保険証と印鑑を提出して施術依頼をすれば、施術が可能です。
生活保護を受けている人や、重度障害を持っている人は、負担金は不要です。
ハリ治療は、初回料が1500円で、治療代は3700円です。

保険の3割負担者は450円の負担で、1割負担者は150円の負担となります。
保険治療を希望する場合は、電話で連絡すれば、手続きを教えてもらえます。